【蔵イラスト】東京都豊島区に存在する旧丹羽家の蔵

蔵,蔵イラスト

蔵のイラストデジタルの練習で描いてみました。Photoshopにて制作。和風イラストの幅を広げたいです。
こちらは、東京都豊島区駒込の『門と蔵のある広場』にある旧丹羽家の蔵がモデルです。

 

旧丹羽家とは?

江戸時代から明治後期まで染井を代表する植木職人として活躍した丹羽家の八代目茂右衛門が、昭和11年、九代目の結婚の際にもともと木造土蔵造りだった蔵を鉄筋コンクリート造りに建て直したものです。築後70年以上が経過していますが保存状態は良く、昭和初期の建築当時の姿を残していることから、平成19年12月に国の登録有形文化財建造物として登録されました。ーサイトより

 

このあたりの地域は、あの『染井吉野』発祥の地で有名なんです。
江戸時代は、たくさんの植木職人がいました。丹羽家もその一家だったようですね。

 

飛鳥山の桜の植樹

飛鳥山は八代将軍吉宗が行楽のために桜の植樹を命じた地です。飛鳥山は現在、北区にあたりますが、上の『染井吉野発祥の地』エリアと隣接してます。

 

伊藤伊兵衛という植木屋さんも植樹に関わり、園芸に関するマニュアルを作るなど広く貢献しました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください