【3月3日】潮干狩りに行こう!

【3月3日】潮干狩りに行こう!潮干狩り,若旦那はお坊ちゃん,漫画

3月3日といえば…!雛祭りがメジャーですよね。江戸にもたくさんの雛市がでました。

 

ところで、3月3日は雛祭りとは別に『潮干狩り』の日でもあります。潮干狩りはもっと先のイメージですが、旧暦の3月3日はちょうど良い時期なんだとか。

 

江戸時代は、朝早くから沖に船を出して、だんだん潮が引いていくのを見る。午後には海底が陸地と化したところへ、貝拾いをしたんだそうです。

 

『江戸名所図会』より。江戸時代の潮干狩りの様子。

 

 

上の漫画に、若旦那が貝で足を切る場面がありますね。これの元ネタは、

『牡蠣殻(かきがら)で 足を切る日は のどかなり』

という、川柳からです。

 

twitterにもアップしましたが、コロナで自粛ムードの中『こんな川柳が元ネタだよ〜!』なんてちょっと書けませんでした。twitterの良いところは、拡散機能があることです。ですがその分、より発言/発信には責任をもったないといけません。その点ブログは、いきなり世に拡散されないのでちょっと気が楽です。自分の中では。(もちろんブログも責任を持たなければならないのは、言うまでもありません)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください