【江戸のエンタメ】アクロバット芸を紹介!

久々の若旦那…。

 

じゃあ〜〜〜ン!!!

若旦那と手代くんが、エンタメ紹介をしてくれました。これは、『風車の曲』という芸です。
実際、江戸時代にアクロバット的な芸をやる『早竹虎吉』という有名な人がいまして、その人の芸です。

 

下で、三味線を弾きながら、上の人はお囃子に合わせて風車みたいにくるくる竿の上で回るという、とても危険な(でも見てしまう)芸だそう。だいたい竿は5mなのでは?といわれています。ソーシャルディスタンス的な芸ですね…。怖い。

■イラスト仕事実績はこちらをクリック

■ポートフォリオのサイトはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください