【江戸期のペット】犬の名前は亀

犬,犬の墓石,亀,犬の名前,犬の名前亀,

こんにちは。
今回のエピソードも港区立郷土歴史館さんで知ったものです。だいぶ前に行ったので記憶が薄れてきましたが、確か、実際のいぬや猫の墓石も展示されていたと思います。

3〜4コマ目の犬の名前『亀』ですが、犬に亀?!って最初びっくりしたんですが、4コマ目のようなエピソードがあるので、そういうことで付けたのかな?と思いました。

ネットで上記のことを調べると、大体、明治の時に犬を『かめ』ってつけていると書いてありました。しかし既に1860年(万延元年)の浮世絵に中国人が犬を連れている絵があり『外国戌名ヲかめ』という記述が載っているので、明治よりもうちょっと古いその頃にはそうだったと思います。で、3コマ目の犬の墓石の年代は1830年の出来事なのでさらに昔になり、ちょっと真偽は怪しいですが、可能性はあると思います。

 

参考文献:開館二十周年記念特別展 江戸動物図鑑 〜出会う・暮らす・愛でる〜

画像無断転載厳禁!No Copy!

■イラスト仕事実績はこちらをクリック

■ポートフォリオのサイトはこちらをクリック