【江戸名所図会6】崖をのぞきこむ時は注意!

だんだん夏のように暑くなってまいりましたね。いかがお過ごしでしょうか?

 

こちらの絵は、同じく本日も『江戸名所図会』からの紹介です。『大師穴(だいしあな)』とかいてあります。

 

崖の下を覗き込んでいる人の足を持ってあげてる姿が可愛らしいなぁと思った次第です。

 

江戸名所図会の『大師穴(だいしあな)』の説明に、薬師堂の山の後ろに穴(室のような)ものがあって、一人の山伏が、心願があってこの穴で十七日断食したと、言い伝えがあるようです。

 

5月11日追加

他にも『江戸名所図会』を検索していたら、別の崖を覗き込む絵を発見しました。ちょっとわかりにくいですが、真ん中の左側です。

 

帯をつかんであげてて、ちょっと可愛いです。

■イラスト仕事実績はこちらをクリック

■ポートフォリオのサイトはこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください