【くずし字】子ども絵本から学んでみよう!

ニョロニョロっとした昔の字、くずし字に興味はありますか?
近年、江戸文化の面白さに気づいた人が多くなり(自己偏見)『くずし字』を習う講座も増えてきました。

私も講座に通ってませんが、以前から『くずし字を読めるようになる本』系を買ってきては、ちょっと勉強し挫折しておりました。(でも勉強まったくしないよりは、ちょっと読めるようになる)

 

ある日、本屋さんに行って江戸ジャンルをのぞいたら、こんな本が!

日本昔話である!
しかも子どもも読んでいた本。江戸時代の子どもが読んでいたのだから、少しは頑張れるだろおおおお!と思い、購入しました。しかし後から思ったのですが、ずっと英語の勉強をしてもしゃべれない日本人が『アメリカの子は3歳でも英語をしゃべってるのに!』みたいな感覚に似てるかもしれません。

 

この本で面白かったのは、桃太郎の話が知っているのと違うバージョンもあるということです。

 

桃太郎昔話マンガ,桃太郎昔話漫画,桃太郎昔語

↑この話はけっこうウケて、twitterで多くシェアされました。

 

 

あと本編と直接関係ないですが、桃太郎の1ページ目に、裕福そうな少年たちが集まっている絵が描かれてます。これから楽しい桃太郎の物語が始まるよ!ってみんなで和気あいあいとしてるんですが、いきなり一人の少年が貫禄のある顔で

『だまってきけ』

と、言うシーンがあり面白かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください