【IT それが見えたら終わり】少年少女がおばけに立ち向かうのにR15指定のホラー映画!

少年少女がおばけに立ち向かうのにR15指定の映画!

映画8月の話で恐縮ですが、ホラー映画やサスペンス映画を6本観ました。
皆さんはホラー映画好きですか?私は怖いのが苦手…。ですが、WOWOWオンデマンドやamazonプライムビデオでホラー映画がいつもより配信されていたんですね。せっかくなのでできるだけ観て感想を書きました。

 

以下、鑑賞した映画(面白かった順)

1.IT イット それが見えたら終わり(米国)
2.ゲットアウト(米国)
3.犯人は生首に訊け(韓国)
4.新感染 ファイナルエクスプレス(韓国)
5.ローズマリーの赤ちゃん(米国)
6.オーメン(米国)

です。

 

一番怖かったのは『IT イット それが見えたら終わり』(2017)ですね。
スティーブン・キングの小説が原作。

 

簡単にストーリーを説明すると、アメリカの田舎町で子どもの失踪事件が起こる。その犯人はピエロの格好をしたおばけ。その街に住む少年少女たちがそのピエロに立ち向かう。というもの。(↑予告編見直しましたけど、本編の方ぜんぜん怖いですね)

 

まぁとにかくこのピエロが、デカくて、気持ち悪くて、キバがすごくて、嫌な思い出に混じって登場する悪質なおばけなんですね。

 

一番最悪なのが、家の中で襲ってくるシーン

ホラー映画を観てなにが嫌かわかりました!家の中におばけが出る!というシーンがめちゃめちゃ嫌です。怖すぎる。トイレとか行けないじゃないですか…。外におばけが出る分には全然大丈夫ですが家の中だけはやめてほしい。

 

この映画でも、地下室やバスルームにおばけが出てくるんですね。
バスルームに登場するときは酷いですよ。血だらけにしますから。女の子に対してですよ?!最悪…。(ちょっと話がズレるかもですが、おばけが登場する前に女の子が髪の毛を切ります。それも長〜いロングの髪の毛をショートにバッサバサ切るんですね。それをですね、バスルームの洗面台の排水溝にどんどん流すんですね。それが伏線になってはいるのですが、排水溝詰まらないんですかね?!髪の毛すごい量流すんですよ。それもビックリしました。アメリカの排水溝は大丈夫なんでしょうか?)

 

おばけに立ち向かうのは、いじめられっ子の少年少女

力を合わせておばけを退治する彼らはいじめられっ子やマイノリティ『負け犬クラブ』と自分たちで命名してます。

 

リーダーの少年は吃音
おデブの転校生
ユダヤ系の少年
メガネ
黒人
不良と思われてる少女
喘息持ちの少年

 

など、いじめの対象にあってる子たちなんですね。いじめられている上に、おばけに襲われるって最悪ですね…。アメリカ映画やドラマでいじめのシーンを見かけるのですが、アメリカは堂々といじめるんですね。『Gleeグリー』という高校コーラス部のドラマがあります。このドラマは大人気ですので知ってる方も多いかと思います。

 

 

『Glee』に出てくるいじめも酷いんですね。外にある巨大なゴミ箱に放り投げられたり、廊下で思いっきり冷たいジュースをかけられるのです。一番びっくりなのが、先生たちもそのことを知ってるんですね。日本だとクラス内のいじめを先生が把握して無くてエスカレートするケースがあると思うんですが、アメリカは先生が知ってるという…。

 

そういえば『キャリー(1976年)』という同じくスティーブン・キング原作の映画がありますね。あの映画もスクールカーストの作品。キャリーが同級生たちの酷い仕打ちに遭い、ブチギレ爆発し、とんでもないことが起きる映画です。

 

『IT それが見えたら終わり』に出てくるいじめも強烈で、不良の少年がおデブの転校生のお腹にナイフで文字を彫ろうとするんですね。途中でやめるんですが1文字は彫る。不良少年の悪質さを際立たせる為にやってるのかもしれませんが、それ超最悪だし犯罪だよ!!!という…。アメリカなので少年が銃を持ってますしね。おばけのピエロも怖いけど、人間もかなり怖いという…こんな街出て行きたくなるわ……。

 

この映画のミソは

いろいろ書きましたが、

 

『凶悪なおばけピエロに、少年少女が立ち向かったところで勝てるのか?!』

 

というここです。今まで何人も子どもたちを襲ってきた凶悪ピエロですから…。殺されるかもしれない恐怖にこの少年たちはどう立ち向かうのでしょうかっっ?!是非ご覧ください!

 

2番目以下の映画の感想は次のページから♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA