【縄文展】縄文人にごめんなさい…一万年の美を体感せよ!

縄文展:一万年の美を体感せよ!

東京国立博物館 平成館で開催されている「縄文ー一万年の美の鼓動」通称:縄文展に行ってきました〜。
『平成館』『縄文展』をやるというなんとも時空を超えた面白さ…!なんと明後日で終了です!

 

普段、江戸をやっている人間が、なぜこの縄文展に行こうと思ったのか?
それは理由がありまして、縄文時代の暮らしに興味を覚え、このたびぜひ行こうと思った次第です。
こんなイラストを描いたこともあった…

どんな縄文時代を観られるだろう?!そもそも縄文時代って1万年もあってすごくね?!とワクワクしながら上野へ。
11:00頃到着したせいもあるかもしれませんが、会場はごった返しの混雑……そんなに皆んな縄文時代に興味あったんだ…と驚きを隠せませんでした。

 

『縄文時代の美』

『縄文時代の美』と言われても、ヨーロッパの美のように華やかな絵画なわけ当然ありません。

色はもちろん『茶系』!

でも行く。『茶色』でも全然構わない。どんな土器を使って生活をしていたのか私は知りたい!と早速展示へ。

 

感想^▽^

『わっめっちゃ土器だ!凄い造形!』
『巨大な土器!1万年前のものが目の前に!』
『可愛い動物の土偶!』
『あっ教科書で見たことある土偶ビーナス!』

 

ここまで来て気づいたのですが、、、全然、生活臭がしない!Σ(´□` )

 

と思いました。ほんと展示の題名通り「縄文ー一万年の美の鼓動なんですよ!

 

何を勘違いしていたのか。何故『美の鼓動』に『生活臭』を求めていたのか。自分がアホすぎてひっくり返りそうです……ほんとうに美しいまでの『一万年の美』を観せていただきました。

 

ほんとうに凄い感性だなと思ったのが、土器など生活で使用するかたと言って『適当でいいや』とならず、貝や木の棒、竹などを使って、文様やうねりを描く。生活の中に造形的美を取り入れる。そのセンスがもうすでに縄文時代からあったのが驚きです。

 

縄文人はオシャレ!!

現代の人に負けないのが『オシャレ』です。
耳飾り(ピアスも細かなレリーフが彫られています。凄い!)/貝輪というブレスレットイノシシの牙やサメの歯で作った装飾鹿の骨からなるアクセサリー

 

実際にみないとピンとこないかもしれませんが、これらの装飾品は昔のものだからと言ってクオリティーが低いわけではありません。むしろ高いくらいです。特にピアスのレリーフには驚きました。

 

昔といえば、狩をして火を起こしたり、生活するだけで精一杯なはずだから…と思っていましたが、オシャレにも気合いを入れており、現代人として『…すみません。。。』と思いました…

 

一万年に及ぶ『美の変遷』をどうぞご覧ください^^

 

 

東京国立博物館(平成館)info
『縄文展』サイト http://jomon-kodo.jp
東京国立博物館ウェブサイト http://www.tnm.jp/

場所

[ 交通案内 ]
JR上野駅公園口、鶯谷駅南口より徒歩10分
東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅、東京メトロ千代田線根津駅、京成電鉄京成上野駅より徒歩15分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA