【オススメ本】日々のモヤモヤをわかりやすくマンガで解説する心理学本!

たまたま本屋で見つけた面白い本があったので紹介します。

「なるほど!」とわかる マンガはじめての心理学

 

本の内容としては、

1.日常行動のナゾを解く

2.友達の本音が見えてくる

3.恋愛シーンの心理を読む

4.職場で役立つ心理学

5.自分のココロがよくわかる

という5つのパート構成。

普段の生活で起きる感情のナゾがわかりやすくマンガで書かれております。

 

日々のモヤモヤを解説してくれる

この本を読んでいると結構『へぇ!』と思うことがありました。
例えば…

 

◎人はなぜ怒るのか?

◎知り合い自慢をしたがる

◎他人に厳しくなるわけ

◎ほめられると業績が伸びる

◎プレッシャーに弱い

◎神経質になりすぎる

◎ストレスをためやすい

◎成功するためには

 

……などなど、日々誰もがなんとなく感じていることを解説してくれます。

 

『人はなぜ怒るのか?』

これに対しては『怒ってしまうのは期待していたから』とのこと。

なぜ、怒りが湧いてくるのかというと、自分の期待どおりにならないから。相手が待ち合わせに遅れてきて腹が立つのも、「自分は大事にされているはず」「だから約束は守ってくれるはず」「もうすぐ会えるはず」という期待や思いがあればこそ。

 

それなのに相手がなかなか現れないと、「私は大切にされてないのでは?」「会えなくてさみしい」「いっしょにいる時間が減ってしまう」「もしかして何かあったのでは?」など、不安や寂しさ、落胆、驚きなどの感情が湧いてきます。

「なるほど!」とわかる マンガはじめての心理学 より

これには結構『そっかぁ!』と思いました。
相手に期待しているから怒りの感情がわくのかぁ…

 

また要注意としてこんなことも書いてあります。

怒りっぽい人は余裕がない?!
怒りっぽい人は、まわりに対する期待が大きく、物事を自分の思いどおりにしたいという気持ちが強い人。過剰な期待は、余裕のなさの裏返しです。

本当に余裕がないとちょっとしたことでイラっとしますよね。。。反省です。。。

 

『ストレス』をためやすい

ストレスをためやすいタイプには…
競争意識が強い/野心的/精力的に活動する/イライラしやすく短気…だそう。それ以外にももちろん、ストレスが加わる要因は多いです。現代社会。かなりストレスを感じているの人多いのではと思います。

ストレスをためて一番怖いのは、循環器系に負担がかかりやすい。つまり、狭心症や心筋梗塞を発症しやすく突然死にもつながるんだそう…。ストレスめっちゃ怖い…これは過労死などの問題にもつながりますよね。

 

心理学から病気につながることまでわかる本!
日々の生活で役に立つのでオススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA