江戸とアート発信ブログ

*

鎌倉時代の映画「禅ZEN」を観たよ

      2017/01/04

時代劇といか…江戸時代では無いですが「禅ZEN」を観ました。

鎌倉時代初期のお話しで、道元禅師の生涯を描いたものです。
主役は、歌舞伎役者の中村勘太郎(現・勘九郎)さんです。それにしても僧侶の格好が似合いますね!!真面目〜な感じがすごく役柄に合っていると思います。


この映画のすごいところは、道元さんが栄に行って仏道の正師を求めるのですが、その時話す言語が「中国語」なんですね!栄で出会う人々を、日本の役者さんが演じてるんですが、皆、栄の人の役をやっているから、中国語で会話してるんですよ。


当たり前かもしれませんが…凄いよ皆さん……;;;;

 

鎌倉時代だし、仏道だし、と思ってアナログの映画だと思ってました

意外とCG使ってるんですよ!
アナログだと思って観る人、多いんじゃないかな〜…恐らくこの映画を観たほとんどの人が「何故?!;」と驚くのでは、、、と思います。

 

道元が栄で悟りを得た時のCGが一番驚きました。
こんな風↓蓮の花に乗って回転して昇天するシーンです^^


 

道元と永平寺

「永平寺」は道元が開きました^^
江戸以外のことも勉強しなきゃ!

〒910-1228 福井県吉田郡永平寺町志比5−15

 - アート&カルチャー ,