江戸とアート発信ブログ

*

市川雷蔵&勝新太郎の狸コンビ「花くらべ狸道中」を観たよ

      2017/01/04

いつもブログをお読みくださり、ありがとうございます!どどです^^
今回は、市川雷蔵&勝新太郎の狸コンビ「花くらべ狸道中」を観ました。ミュージカル&ギャグテイスト!

 


市川雷蔵&勝新太郎が狸なのでして、狸コミュニティーにいる時は、このように頭が茶色なのです^^

人間界に出た時は、弥次さん喜多さんに化けて阿波から江戸へ向かいます。


勝新太郎の方は、お酒と女性に弱く行く先でアクシデントが起きる。市川雷蔵の方は、そんな勝新太郎を救ったりしながら道中旅をする。
市川雷蔵の狸名は「雷吉」/勝新太郎の狸名は「新助」と名前を引っ掛けてて面白いです^^
この「花くらべ狸道中」以外で私はもう一本、この二人が狸の役をやっている映画を以前観ました。こちらです

 

この映画は1959年で「花くらべ狸道中」よりちょっと前ですね。
どちらのキャストも、市川雷蔵&勝新太郎&若尾文子&中村玉緒が出演し、以前紹介した「次郎長富士」もこの4名は共演してます。
あっ!ちなみにですが、「狸」は縁起物なのです。なぜかというと「たぬき=他を抜く」の語呂からです。受験などのお守りにぴったりですね^^

 

 - アート&カルチャー, 江戸活 ,