江戸とアート発信ブログ

*

在学生やこれから入学する人は是非、図書館を最大限活用してください

      2016/12/31

いつもブログをお読みくださりありがとうございます^^どどです。
多摩美の芸祭にいった時に、図書館を撮ってきました。以前はこんな写真をアップしましたが↓

tosho

これじゃ、あまりわからなかったと思います。
実はこの図書館は上からみるとだいたい□になってまして、それぞれの面にアーチ型の巨大な窓がついています。

図書館入り口


横から見た図

 

 


ご覧になって気付かれたかと思いますが、驚くべき事にこの図書館は側面がカーブしているのですね!
建物がカーブしているってことは、この巨大なアーチ窓もカーブしており、ガラスもカーブしているのですよ!
このカーブ具合、いかがですか?▽?/
このページを読めば、図書館建築のことがよくわかります!

 

この図書館は伊東豊雄さん設計

日本を代表する超有名な建築家です!
多摩美図書館以外の建築は「伊東豊雄建築設計事務所」サイトでご覧いただけます^^
杉並区にある「座・高円寺」行ったことある!

 

建物は2階建てで本も椅子も机もたくさんある

2階建てになっており、1階部分はアーケードギャラリー他、雑誌やDVDがおいてあります。
2階部分に沢山の本が並んであり、窓に向かって椅子とテーブルが設置してあり、広くって慣れていないと自分が図書館のどこにいるかわからなくなるという珍事に遭遇します。


DVDは大学4年生の時にたくさん観させてもらいました。主に黒澤明監督作品です。この話しはいつか別の機会に書きたいと思います。DVDは8席くらいゆうゆうと1人で観賞できる席がありまして、その席に座るためにランチタイム返上で席を取りにいくということをやってました。一体何をやっているのでしょう…


なんでこんなに図書館を紹介しているかというと、今の図書館は私が大学2年生の時に建ちまして、それまでの図書館は比べ物にならないものでした。(入学して半年くらい、どこに図書館があるのか、わからなかったのですよ!!!)
こんなに素敵な図書館ができたのだから、在学生やこれから入学する人は是非、最大限活用して欲しいのです!!

 

おまけ

昔の図書館だった付近に、こんな素敵な建物が建ってて腰を抜かしそうになった…;
「アートテーク」っていうんじゃそうな…

 - 美大