江戸とアート発信ブログ

*

多摩美芸祭に行ってきたよ!

      2016/12/31

多摩美芸祭に行ってきました〜どどです^^ 3年ぶりの多摩美だったんですけど「懐かしぃ〜!!」という感じはなかったですね。大学にはかなり通っていたのでその反動かもしれません。一部イチョウが黄色くなってました。

で!芸祭ですけども、前回オススメしたテキスタイルパフォーマンス観に行ってきました。初日の第1公演です。チケットをネットで買いそびれたので、朝10時に多摩美に着き当日券を買いました。

 

ネタバレは書きません


公演の内容(こんな衣装があった!等のネタバレ)については書きません。
しかし書ける範囲で書きますと…

 

テキスタイル志望者観るべし!

もちろん老若男女にオススメなのです。周囲のお客さん見渡しても、40代/50代/外国人の方がおられ楽しまれていました。その上で再度受験生にオススメな理由は、モチベーションが上がるからです;▽;
これから冬に近づき、受験も近づき、だんだん悶々としてくる。果ては「そもそも何で美大を志望したんだろ…?なんで大学にいくんだろう?」と迷いが出るかもですが、学校というのは「学ぶ」ためにいくのだから「テキスタイルはどんなことが学べるか?」というのがテキパで体感できます。なのでオススメです。

 

うるうるしたよ;;

正直初日の第1公演は、パフォーマー及び当事者たちはドキドキヒヤヒヤなもので本領発揮できないものですが、とても良かったですよ。細かい装飾や重量感のある衣装や激しい動き(ダンス)に耐え、その努力にうるうるしました。
自分の時のことを思い出しましたね〜。制作はなんでもそうですが、とても地味な作業で労力はたくさん必要だし、そのわりに報われないことや試作失敗の数々があります。でもそれが舞台で完成された時は、地味でたいへんだったことがやっと華開いたなーとちょっと安心します。(本人はボロボロなんだけど)
本当にお疲れさまです!!

 

もうちょっと感想

①みんなダンスが上手だったんですけど、1人めちゃ上手い子がいて惚れそうになった。

②舞台について
今回舞台が「H型」になっておりました。ちょっと珍しいですね。座席両脇と真ん中に舞台の形がなっているという。臨場感たっぷりで、たっぷりすぎてパフォーマーが転げないか心配になりました。大丈夫なんだけども…。

③座席について

腰をかけるタイプの座席になってました。しかも後ろに行くにしたがって座席の高さが高くなり観やすくなってて感動しました。年によっては床にクッションを敷いて座って観るタイプがあり、観ている間姿勢を保つのが大変ですが、今回の公演は、腰掛けタイプの座席が9割を占めております!観るのが楽!!前後の感覚は狭めでリュックだと大変ですが、そんなのは度外視です。

最後に

みんなの卒業制作が楽しみだよ!^▽^

 

 - 美大