江戸とアート発信ブログ

*

渋谷で江戸を感じる!「渋谷氷川神社」に行ってきました!

      2017/01/12

「渋谷氷川神社」に行ってきました^^

 

 



氷川神社といえば!

川越や赤坂にもあり、一言「氷川神社」と言ってもいろんな場所にあります。
今回行ったのは「渋谷氷川神社」です。

創始は非常に古く、細かい部分はわかってないそうですが、景行天皇という「古事記」や「日本書紀」に登場する時代の時からあるそうな。

江戸よりはるかはるか昔ですね。

江戸期には、当時の様子を伝える「江戸名所図会」にも載っており、当時境内余地6840坪あったとか。
今でも約4000坪あるそうです。(1坪を畳約2枚分とすると、約畳8000枚分の広さ)

 

江戸郊外三大相撲の一つ「金王相撲」の相撲跡地が境内に残っております!もちろん「江戸名所図会」にもこの相撲場が描かれていますよ〜^^江戸と繋がったたみたいで凄い!

 

実を言うと、この神社の近くに國學院大學があります。
最近まで「江戸文学の世界-江戸戯作と庶民文化-」展が開催されており、そちらを観に行った帰りに「渋谷氷川神社」に寄りました。

江戸の人はかなり本を読んでいたらしく、当時の京都大坂と比べても出版物の量は多かったです。
本は「買う」というより「借りる」のです。1人の人の本の所有物が多いのではなく、借りて皆で読みあっていたのです。

多くの人が本を借りると痛みますので、当時の人は、ページをめくる時、左下を持ってめくっていました。展示でも左下が黒っぽくなっていましたよ^^リアルでよかっった〜!

 

 - 江戸活