江戸とアート発信ブログ

*

デッサン初心者向け「立体感を出すには面を捉えよう」

      2017/01/11


前回
デッサンにおいて線ではなく面でモチーフをとらえよう!ということを書きました。

では「モチーフの面」とはなんでしょう?


またこの絵を参考に考えてみましょう。

 

女性の横顔ですね。明暗がはっきりしていますね。左から光が当たって、右側が暗いですね。この「明暗」というのもデッサンでとても大事ですが、今日は横に置いておきます。

 

この女性の顔を「面」で捉えてみましょう。
dkao


じゃん!

角々になりました。これが「面」です。(まだ「面」が作れそうですが)

men


おそらくデッサン眼が養われてない人は、「なんじゃこりゃ?!」とか「こういった角々した石膏像見たことある!だけど意味わからない」と思うでしょう。最初のうちは、本当に「意味わからない」ですよね。

 

でもデッサン上達を目指すなら、この角々(面)の意味も理解しなければなりません。

 

日本人の多くは、物を「線」で捉えてしまいます。しかしデッサンは、「線」ではなくモチーフを「面」で捉えなければなりません。

 

なぜかというと、「線」で捉えると立体感が無くなってしまうからです。立体感を出すためには、モチーフを「面」で考えなければダメです。

 

普通、顔のパーツ1つ1つを線で描きたくなりますが、目や鼻や口のパーツは、顔の顔面にあるので、デッサンの場合、その「顔面」をも捉えて描かなければ、立体感は出ません。

 

「面」で捉えてない場合は、こういう風にモチーフを見ています。

「顔面の凹凸」を意識していない状態になります。
「顔面」というのは、のっぺら坊のように「つるん」としておらず、

 

おでこ→髪の毛の生え際から、鼻の付け根にかけて膨らみ凹む。
鼻先→おでこより突起している。
上唇→鼻先より少し引っ込む。
→目の下から口角にかけて、膨らみを帯び少し凹む。

 

などなど…「顔面」一つとっても描くポイントがたくさんあります。
デッサン眼が養われていないと、「顔面」を描かず、眉/眼/口/鼻などのパーツを描いて、デッサンを描いた気になってしまいます。ダメです。パーツに注目する他に、「面」↓にも注目しましょう。

 

顔の表面すべてをとらえようと試みてください!

そうすることで立体感が出てきます^^

 - アート&カルチャー, 美大 ,