江戸とアート発信ブログ

*

自分の好きなエリアを好きな作家さんがエッセイに書いてて勝手に親近感を持った日

      2017/01/04

いつもブログをお読みくださり、ありがとうございます!どどです^^


益田ミリさんという、漫画家/イラストレーター/エッセイなどを描いてらっしゃる作家さんがいます。


最初に読んだのが「結婚しなくていいですか?すーちゃんの明日」です。

このタイトルにビビッときて、ほのぼのとした絵の中に、女性たちが読んで「どひゃっ」となる描写があり興味深くファンになりました。(4コマ調の漫画です)

 


それから、幻冬舎plusさんでの最近のエッセイ「第179回 打ち合わせ帰りのおさんぽ」で、根津駅周辺のことが書かれており、


「あっ!喫茶店ってあそこかも?!」
とか

「コロッケを買った商店街はあそこかな?」


など、私が好きなエリアが書かれたエッセイで、勝手に親近感を抱きました^^根津を含めた、谷中/千駄木/根津は素敵な観光地ですから、ぜひ行ってみてくださいね〜!!

エッセイには出てきてないけど、その界隈にあるギャラリー「SCAI THE BATHHOUSE」です。銭湯を改装したのですよ^^


最近は、「ふつうな私のゆるゆる作家生活」という本を買いました。益田ミリさんが、イラストレーターになる前のお話やなってからの編集者さんとの打ち合わせ/講座などに行った時の話が描いてあります。私は、作家さんがどういう経緯で作家になったのかや、作家になったばかりの頃のお話などを読むのが大好きで(気になるじゃないですか?▽?)とても楽しんで読めました^^

 

 - アート&カルチャー