江戸とアート発信ブログ

*

お釈迦様のお誕生日。甘茶って本当にとても甘いんですよ!

      2017/01/04

いつもブログをお読みくださり、ありがとうございます!どどです^^

 

昨日は、4月8日でお釈迦様の誕生日!花まつり(灌仏会:かんぶつえ)でした。
そのことに気づかず(オイッ)雑司が谷の鬼子母神へ行きました。じゃんっ!
なんとあの「鬼平犯科帳」にも登場するのです!(゚▽゚*)
kishibo

場所:東京都豊島区雑司ヶ谷3-15-20(池袋駅からも歩いていけます)

花まつりにちなみ「甘茶(あまちゃ)」を戴きましたよ♪

すっごくバカみたいなことを書きますけど、甘茶って本当にとても甘い!んですよ。びっくりw(゚o゚)w
こんなに甘いお茶飲んだことないですよ。本当甘い。(しつこい…;)
お釈迦様のちいさな像に、柄杓でその像に甘茶をかけたりするそうです。鬼子母神でもお釈迦様の像ありましたよ〜^^

 

ちなみに入谷にある鬼子母神は、このような感じ。(↓昨日行った写真ではありません)
江戸の地口「恐れ入りや(入谷)の鬼子母神」のところです。雑司が谷に比べたらミニな感じです。
でもこちらの鬼子母神も、池波正太郎記念文庫というところにほど近いです。池波つながり!^^
kishibojinn

話戻って、雑司が谷鬼子母神でお団子を食べる。

こちらは「おせんだんご」と言います。
江戸期には境内にたくさんのお団子屋さんがありましたが、今はもう姿を消し、一軒の茶屋で「おせんだんご」という団子の復活を望んでできたそうです。

五つのお団子は、安産子育てと、子孫繁栄を祈願したものだそうです。さすが鬼子母神は、安産・子育(子安)の神様!
ちなみにここのお団子屋さんは、不定期営業です。

 

こちらは、樹齢700年とも言われる大公孫樹(おおいちょう)
700年ってもうなんか超越してますよね。宇宙?的な。写真じゃわかりにくいですが、めちゃでかい樹です。


 - 江戸活 ,