江戸とアート発信ブログ

*

みんな親分が大好き!チャンバラ必見!次郎長富士を観たよ

      2017/01/04

いつもブログをお読みくださり、ありがとうございます!どどです^^
時代劇12本目は、「次郎長富士」です。

長谷川一夫演じる清水次郎長。本当、親分の貫禄がすごくて超頼りになる雰囲気ムンムン。
その親分を尊敬する子分の清水衆二十八人。

 

この清水衆の男たちは怖いもの知らずで、喧嘩や斬り合い乱闘を繰り広げる。そんな清水衆でも怖いのは親分。親分に怒られている時の清水衆が可愛い。下のイラストは、親分に怒られて、居づらくなった清水衆が厄介になる別の親分のエピソードである。


押しかけて厄介になろうとした先の親分から、いきなり皆んなの前で、離婚宣言されるという…^^;いきなりすぎてヒックリ返りそうになりました。

 

ラストは、大乱闘シーンになるのですが、刀を軽くブンブン振り回すのですが、その仕草が可愛く、チャンバラが面白くて(あまり危機迫っているシーンでないので)漫画を見ているような気持ちになりました。

 - アート&カルチャー ,