江戸とアート発信ブログ

*

タイトルでネタバレ「必殺!主水死す」を観たよ

      2017/01/11


本日ご紹介する映画は1996年「必殺!主水死す」です。

え〜みなさんご存知、必殺シリーズです。


え〜そうですねぇ…。この映画……

タイトルでネタバレやんんんんん!!


ほとんどの物語は「主人公は、死なない。」が前提になってるので、「こんなタイトル付けて、やっぱ死なないんでしょ〜?」と思ったら、見事裏切らない。この映画は、シリーズの一旦の最終回だそうです。ほぉ
〜;;

 

役者さんは豪華で(敬称略)

藤田まこと
三田村邦彦
中条きよし
津川雅彦
東ちづる
美保純
細川ふみえ
名取裕子
宝田明

などなど…

物語は

葛飾北斎が死ぬ前に描き残した 人物の絵が手掛かりになり、それが将軍世継ぎのお家騒動へつながっていく。
事が事なので、関係者が次々、命を狙われるのだった!

 

物語自体は、面白いな〜と思いましたけど、ラストが…ラストがネタバレなもんで……;;

 

いつもでしたら、主人公の中村主水と裏稼業の人たちの交流があり、依頼人との間で色々とストーリーが展開されますが、今回はほどんど裏稼業の人たちと(三田村邦彦/中条きよし)関わらない。

 

時代劇シリーズによくあるパターン化されたあらすじじゃなかったです。
でもそれはそれで面白かったです。

 

 - アート&カルチャー, 江戸活 ,