江戸とアート発信ブログ

*

この人に注目!「必殺!THE HISSATSU」を観たよ

      2017/01/04

 

本日ご紹介する時代劇は、あの藤田まこと主演「必殺仕事人」からの映画です。
タイトルはズバリ「必殺!THE HISSATSU」です。1984年です。

テレビ時代劇は、ほとんど「暴れん坊将軍」しか観ていないですが!そんな私でも必殺シリーズの概要は知ってる!というくらい、必殺シリーズは時代劇の代表格です。

 

知らない若者たちに少しレクチャーすると…

1.恨みを晴らしたい人がいて、小判を払い
2.中村主水たちがいろんな必殺技をもって、恨みを晴らす

 

と、、、いうのがお決まりのパターンです。
(…起承転結の「起」と「結」しか書いてませんが↑もちろん「承」「転」もあり、物語が盛り上がります)


必殺ファンは、すごくシリーズを愛しているので、この新参者がペラペラわかったように書くと叱られそうですので、今回、観た回だけに特化して書きたいと思います。

 

映画の冒頭、ドドン!とメッセージ

世の中の  善と悪とを較ぶれば 恥ずかしながら 悪が勝つ


と、いきなり情け容赦のないメッセージ。

でもそんな世の中だから、「俺たちが恨みを晴らしてやるゼィ!」という意気込みが感じられます。

 

敵役として「六文銭一味」という別の殺し屋がいます。
この一味の格好が、なんとも不気味で、特にお祭りで神輿を担ぐシーンは、異様。顔を真っ白に塗り、黒づくめで怖い。神輿を担ぎながら家まで崩壊させる破壊力。

 

そんな異様で最強な敵に対して、主水たちは勝てるのか??!!ハラハラ;;;;

 

となります。

この人物に注目!

歌舞伎役者の片岡仁左衛門さま登場!;▽;/
人間国宝!(2015年認定)イエイ!

 

歌舞伎役者だけど、映画では「人形遣い」という役柄。
私の下手な絵では表現しきれませんが、もう若い時のお顔もとても美しく、眼力すごい〜もう惚れる〜!!
浮世絵の美男のようなお姿です。

是非ご覧いただきたい。(断言)



あとこの映画、まさかの漫画家・赤塚不二夫先生も登場して、本当にびっくり^^
必殺シリーズも徐々に観ていけたらと思います。

 

 

 - アート&カルチャー ,