江戸とアート発信ブログ

*

美大生になる為の3つの方法

      2017/01/04

いつもブログをお読みくださり、ありがとうございます^^どどです。

大阪場所の大相撲、面白いですね〜^^
稀勢の里関が鶴竜関に勝って、10連勝!!鶴竜関
のおでこから血がッ!びっくりでしたね。

 

話変わって…久しぶりに美大関係の話です。題して…

美大生になる為の3つの方法です↓

 


3つの方法とは「実技試験」「学科のみ試験」「推薦入試」です。


だいたいの人は、「実技試験」を利用し美術予備校や教室に通います。
私の場合、高校の美術の先生が多摩美出身でして「美大に行きたいなら、早めに予備校に通った方がいいよ!!」と高校入学した頃から言われてました。

 

しかしまぁ、やっと高校入学したのに大学受験の話って何?という感じじゃないですか。
いくら何でも、進路決めるの早すぎだし予備校とか言われても、親とも相談しなきゃだし…。とか思っていましたが、結局、高校2年の春休みに、初めて春期講習会に行きました。

 

確か5日間のコースでした。(石膏デッサン2日間+人物デッサン3日間)
5日間といってもですね、朝9時〜16時まで予備校で絵を描き(1時間お昼休み有り)それが5日間ですから、絵だけでこんなに描くの高校生にしてみたら初めて!

 

春期講習会はすごく楽しくはなかったけど(だって受験勉強ですから…!)美大に行くには通わないといけないなと思い、その年の4月から週3日間、17時〜20時の基礎科コースに通いました。基礎科はだいたいデッサンを中心にやりました。

 

人によって、高2の夏(夏期講習)や秋から通う人もいますが、私は春から行ってて良かったな〜と個人的に思います。

 

なぜかというと、デッサンはすごく難しいのです!
デッサンて「紙(2次元)に立体(3次元)を描く」わけで、それは実際に難しく(モチーフに似ているだけでは、全然ダメ。立体的に描くことと、似るように描くのは違うことです)それにはまず物を立体的に捉える眼を養わなきゃいけません。その理解を得るための時間が、私にとって高校2年の間だったと思います。

 

しかし、始めた時期が早いからといって、第一志望に入れるわけじゃないし、遅いからといって、第一志望に入れないわけじゃないので、そこが美大受験の難しいところです。(高校3年の春から始めて、多摩美の日本画に現役で受かった人を知っている。←日本画などファインアート系は現役生が受かりにくい)

 

ということで、都内の美術予備校の春期講習会サイトだよ〜^^

すいどーばた美術学院

新宿美術学院

立川美術学院

武蔵野美術学院

御茶の水美術学院

河合塾美術研究所

代々木ゼミナール造形学校

 

もう、春期講習会始まっているところもありますね;まだ間に合うところもあるので、ご興味のある方、参考になさってください。

 

う〜んすみません。他にも色々と予備校ありますので、こちらも合わせて参考にしてはいかがでしょう?↓

東京の美術予備校。美大受験、美術系高校受験のデッサンが学べるアトリエ一覧【都内】【画塾】-NAVERまとめ

 

学科受験で美大に入る!


そうなんですよね。美大と言えば、実技!というイメージですが、学科受験で美大に入れる科もあります。
武蔵野美術大学のサイトで見つけましたよ^^↓

実技以外の科目で受験できる学科について(武蔵野美大サイトより)

 

私の知っている人は、慶○大学をけって学科試験で美大に入りました…。聞いた時はびっくりしたよ。。。


 

推薦入試

推薦入試もあります^^
しかし、推薦入試はとる人数が少ないので、受験生の時は、ほとんど考えたことなかったです^^;

 

多摩美大 公募制推薦自己推薦

武蔵野美術大 公募制推薦入試

女子美大学 AO入試/公募推薦など

 - アート&カルチャー