江戸とアート発信ブログ

*

「他者の江戸チェック目線&刺線(しせん)怖い!」と感じ、ヒヤヒヤして描いてました。

      2016/12/31

いつもブログをお読みくださり、ありがとうございます。どどです^^

部屋の掃除をしていたら、2010年頃描いた漫画が出てきまして、びっくりしました。(その頃、投稿してたのです)
自分で言うのもアレですが、

「頑張って描いてるじゃんっ!!@▽@;」と思いました。

じゃん。

絵を描いていると、「以前の自分よりは上達しているだろう」と思うもので、実際、出てきた漫画の絵を見てみるとダメダメなところもいっぱいあるのですが、雑念が無いというか、江戸が好きだからゴリゴリ描いてます!という下手で勢いがある感じがしました。(しかし漫画としてはコマが多く、細かくて見づらい;)


で、現在(今)の私は?と思うと、江戸の知識などは6年前よりかなりあるわけで、いろいろな描き手に出会う度に「全然ダメだなー前に描いていた江戸とか、時代考証などあまり考えてなかったな〜;;」と悲しくなり、恐る恐る慎重に調べて描き、しかし100%完璧な江戸考証などできるはずもなく、「わーー!あそこの箇所、間違えてるー;;ディスられる!!!;;;;」悶々としていました。

しかし、偶然にも6年前に描いた漫画が出てきて、ゴリゴリと自分なりの江戸を表現しているのを見て、「これがいいんじゃない??」と思いました。開き直りではなく、好きな江戸を描いているはずなのに、

 

「わーー!あそこの箇所、間違えてるー;;ディスられる!!!;;;;」

という感情って、ものすごく他者の目線を気にしすぎてますよね?
他人の意見は大事ですが、その目線に過剰に反応し、どっぷり浸かりすぎると溺れるというか沈没して、絵描けなくなります。

けなされるのが嫌で描けない‥。とか有りえないですよね。しかも直接意見されても、せいぜい数人なわけですよ。その数人が自分の世界じゃあまりにも狭いわけです。他者の目線に縛られて、絵を描いたり、毎日生きたりするのは幸福感が得られませんよね。


6年ぶりに見つけた漫画を見ると、確かに変な箇所はいっぱいあるんだけど


「江戸を表現しようとして、頑張って描いてるな〜! 江戸(吉原)楽しそうじゃん!^▽^」

と思いました。
他者の目線を全然気にしないで、その時、自分に描ける精一杯の絵をガンガン描いてたから。だから変な箇所があっても、今の私が見ても「お?」と感じるんだと思う。最近は「他者の江戸チェック目線&刺線(しせん)怖い!」と感じ、ヒヤヒヤして描いてました。


けれどなんかもう‥


描けるだけ江戸描こうっ!絵を描こう!自分の絵を描くのは、自分しかいないじゃんっ!!!当たり前だし!!


と、6年前は、当たり前にやっていた事を今更実感しました。
うぅ‥自分の事ばかり描きましたが、大事なことだす。絵を描くこと自体エネルギーのいることなので、他者刺線(しせん)を気しすぎてエネルギー散漫になるなら、やめた方がいいかなと。

もともとの目的だった、江戸を勉強して、その面白味が絵で伝える!ってことでいいじゃないの。


あれ‥?もしかして、、、すごく一人相撲とってたかも?▽?;

「他者の目線&刺線」と言ったけど、そこまで他者って自分にヒドイこと言ってない気がしてきた。。。他者の目線が怖いというのは、確かにあるのだけど、かと言って罵詈雑言/踏まれたり蹴られたりされたわけじゃないなぁ。


なんなんでしょ。この感じ。必要以上に怖がってたのかなぁ?@▽@; 書いてて気づいた。。。

時間と感情の無駄だったのかしら‥。まぁでも気づいてよかった!今から始めよ。

 


描く

 

 - アート&カルチャー , ,