江戸とアート発信ブログ

*

江戸検を受けてみました〜^^

      2016/12/31

いつもブログをお読みくださり、ありがとうございます!どどです^^

江戸検2級に合格しました〜^^

世の中に「江戸文化歴史検定試験」なるものがあるのですが、今年の11月に初めて受験してみました。
受験したのは3級と2級です。問題数はそれぞれ100問あり正解率で合否が決まります。


 

周囲の江戸好きでこの検定を受験した人はほとんどおらず、むしろ「江戸を愛してるなら検定なんて別に‥」といった具合です。愛を数値で測ろうというのかっ!という意見も最もなのですが、まあ級を持っていると判断基準があり、わかりやすいかな?と思い受けてみました。

結構勉強しました

勉強法としては、「過去問を解きまくる!」です。
よく、テスト前に「全然勉強しなかったぁヤバイ〜」とか言ってたのに、高得点を取るような人がいましたが、私は逆で、勉強しなかったら普通に低得点でした。

今回だってせっかく検定料払うんだから「受からなければ!」と言い聞かせ、まず協会が出している本を買ってみました。江戸本としては参考になるのですが、これが全然頭に入らず、過去問を取り寄せました。
受験勉強も一緒かと思いますが、ポイントは過去問で必死に解いて、間違えることです。
必死に解いたのに間違えると、結構ショックで逆に頭に入ります。

過去問を解いた後に、参考書で確認するのが良いです。そうすると解いていくうちに問題のポイントみたいのがわかってきます。あと大変助けられたのは、みなもと太郎先生の「風雲児たち」を読んだことです。
読んでなかったら確実に受からなかったでしょう‥‥


一番最初に解いた3級の過去問は、6割くらいの正解率でショックを受けましたが、本試験では9割の正解率までいきました。とは言っても、2級はしんどく、もしかしたら「今回受からないかもな〜」と思っていたら合格ラインギリギリの7割まで正解しました。危ない‥;1級の受験資格は2級合格が条件ですので、なんとか条件に満たすことができました。

しかし今回、2級を受験した人の合格率が34.2%だったのに対し、1級の合格率はなんと4.2%と、なんか「えっ?!」て感じの数字です‥まあ来年頑張ってみたいです〜^^

 

 - 江戸活