江戸とアート発信ブログ

*

銀座の名前の由来は江戸時代がルーツ!

      2017/01/04

先日、銀座でグループ展を行っており、無事6月6日に終了しました。
ご来場の皆様、ありがとうございました!^^

 

銀座いいですよね〜オシャレでギラギラしてて、歌舞伎座があってギャラリーがいっぱいあって、歌舞伎座の先には魚市場で有名な築地があって…。

 

ところで、銀座って江戸時代から存在するってご存知でしたか??
(地下鉄銀座一丁目駅から徒歩2分の所にある碑↓)

なんとこの碑はティファニーの前にあります。さすが銀座っぽい!

江戸幕府は1612年(慶長17年・超初期ですね)銀貨鋳造所を駿府(現・静岡市)から移し、「銀座役所」を置きました。「銀座」の名前の由来はここから来ているんです。


「銀座」があるということは、「金座」もありまして金貨鋳造/鑑定などを行いました。

 

なんと「金座」の跡地は、「日本銀行本店」になっているのですよ!

 

確かによく考えると、「金座」「銀座」ってお金に関係する名前ですよね。納得。

日本銀行は、物価の安定と金融システムの安定を目的とする、日本の中央銀行です。

サイトより

場所:東京都中央区日本橋本石町1丁目1−3−1


「日本銀行本店」のすぐ近くには「貨幣博物館」というのがあって、そこは嬉しい入場無料です!

お金の歴史も学べたり、もう「お金を知るならここ!」といった博物館です。ご興味のある方は、どうぞ☆

 

 - アート&カルチャー, 江戸活