江戸とアート発信ブログ

*

園芸に癒された?武士たち

   

皆さんもどこかでこの絵を見たことあるかもしれません。

「久留米藩江戸勤番長屋絵巻」と言い、久留米藩(福岡県あたり)の武士たちが参勤交代で江戸にやって来て、どんな風に過ごしたかが絵がかれた巻物です。(明治になってから描かれたらしいです。)

『参勤交代で江戸に来た武士は、藩邸の狭い長屋で暮らしました。狭いながらも小さな庭を作り園芸を楽しみました。』的な図でこの「久留米藩江戸勤番長屋絵巻」の絵が登場します。

確かに、久留米藩の武士は『園芸で癒された』的な記述も確かあるのですが、私としてはこんな小さな庭に小宇宙を造って楽しかったかもですが、私としては……

こんな↑感じな気もします^^;

 - アート&カルチャー ,