江戸とアート発信ブログ

*

時間が無い…!! 美大受験勉強をピンポイントでやろう

      2017/01/04


前回は「美大の第一志望どこにする?」という内容で、書かせて頂きました。
何故早めに、第一志望決めちゃった方がいいかと言いますと、特に来年2月に受験する人たちって、もう丸8ヶ月くらいしかないじゃないですか…。

実技も学科もあと8ヶ月でやらなきゃ! なんです…;;;;;


だったら、夏前に志望学科決めちゃった方が、受験勉強をよりピンポイントで出来ます。毎年、だいたい学科によって出題課題が決まってまして、多摩美グラフィックだったら「手」のデッサン/多摩美テキスタイルだったら「植物」…などです。

志望学科が決まってて、予備校に通っている人だったら、予備校の課題の他に「手」や「植物」デッサンを、どんどん練習すると良いですよ。「人物」が出る学科だったら、人物スケッチをしまくるとか。

 

可能だったら描いたデッサンを先生に見てもらいましょう。予備校に行って毎日課題やってるから安心とか無いので。。。結局は自分との戦い…;;;;
そうしないと、秋くらいから一生懸命「手」や「人物」や「植物」の練習をするのは、結構しんどいです。

 


「花」とか結構ーーーー!難しいです。


……なんだっこのデッサンはッ!;;

 

これは、、私が高校3年の冬に描いたバラです。。。
花のデッサンは2枚目くらいの絵です。。。受験直前の冬にコレ。。。。

一見、良さそうに思えますが…

花びらとかもっと柔らかそうに描けないのかしらッ;;;;これじゃ詰め襟で「グッ」って首絞められているみたいだよ。。。

 

②右下の葉っぱ3枚が造花みたい。。。本物はもっと艶があってしなやか。

 

③因みにこのバラは、花の色は全体的「白」で、縁がピンクかかったバラなのですが、白バラに見えんわッ!!

 

…察するに、バラの花(頭)を一生懸命描いてたら、エネルギー切れであんな造花ばりの葉っぱになったのでは?と推測できます。それじゃー駄目なんだって。。。

 

もっと早くから練習しておけば良かった;;;となる

高1や高2でしたら、まだ時間があり、10日や1週間かけてデッサン描けるし、綺麗に、パネルに画用紙を水張りして「フンフン〜♪」しながら描いてもOKです。

でももう来年の2月に受験で、時間が無い場合、パネルの四隅に画鋲で画用紙を止めて、3〜5時間でデッサンを描かけるように訓練しましょう。もう鬼の形相ですよ。自分の志望する学科の傾向を調べて、手でも花でも、さっさとデッサンの練習をしちゃいましょう。押忍!

 

 - 美大 ,