江戸とアート発信ブログ

*

入試直前!私の多摩美☆受験体験記⑤

      2016/12/31

どどです^^
本日も「入試直前!私の多摩美☆受験体験記⑤」をお送りします。
以前の記事はこちらからどうぞ^^



最後までお読みくださり、ありがとうございました^▽^/
いかがでしたでしょうか?まさか最後の最後で第一志望に受かってたとは‥‥!体に悪いですね。本当にびっくりしました。

 

以前、大人気漫画家の東村アキコ先生の「かくかくしかじか」を紹介しました。


もう一度読み返したら東村アキコ先生も受験生の時、自信があった試験には落ちているんですよね。で、自信のなかった試験には受かってるんですよ!ちょっと自分と似てて嬉しかったです。

 

ということで、受験生の皆さんも最後までわかりませんよ?!
全然自信のなかった試験に受かってるかもしれません。逆に自信のあったところには落ちてるかもしれないという‥‥美大受験はわかりませんね本当‥学科試験は、確実に正解/不正解がはっきりしてますが、実技の点数は自分では予想できないですからね。
デッサン力など基礎以下だったら、それ以前の問題ですが。。

 

ちなみに合格した私のテキスタイルの点数はこんな感じでした。
恥ずかしいけど私の点数を公開

デッサン  142.5点/150点
平面構成  120点/150点
学科 英語  58点/100点
学科 国語  69点/100点


500点満点中 389.5点でした。(『.5』ってなんや?!)
デッサンなんでこんなに良かったのかな?平面構成よりデッサンの方が得意でしたが、思った以上でした。パプリカを爆発させた平面構成も120点とは驚きです。


学科試験は細い点数は覚えてないのです。多分60点程度でした;;おバカ。

デザイン系でしたら360点以上とれば、補欠などに引っかかるかな?かもしれないです。はっきり言えなくてすみません。
なぜかと言いますと、上から点数の良い順に合格するので、500点に近い人が何十人もいれば、385点台なんて多分受かってないでしょうし。。。多摩美じゃないですが、あるファイン系の学科で最低点が400点というのがありました。500点中400点ですよ?!すごくないですか???
そういうのはレアケースだと思いますが、あることにはあるという。。。


美大受験って本当わかんないですよね。

多浪(2浪以上)したからって、希望のところに入れるとは限らないし(東京藝大とか特に)私の知り合いで、高校3年の春から予備校に入って多摩美の日本画に現役合格した人がいましたよ。日本画や油絵や彫刻などは「浪人」っていうのが普通なのに。


まあ言えることは、最後まで気を抜かないでくださいね!;▽;b

頑張れ!

 - 美大 , ,