江戸とアート発信ブログ

*

デッサンがなかなか上達しない人のためにオススメの本!

      2017/01/11

はいは〜い美大受験生のみなさん!
夏も半分終わりましたが、いかがお過ごしでしょうか???!
オリンピックや甲子園を観たいところでしょうけど、我慢してるのかな??

 

志望学科決まりましたか?特にデザイン系の諸君!さっさと決めて、受験対策しましょうねー!


ところで、デッサンは上達しましたか??

現役生の子たちはどうですか?

 

私の予備校では、夏期講習で浪人生と同じ教室でデッサンを描かなきゃいけなかったので、浪人生の絵の巧さに太刀打ちできず、のたうちまわっていました(*゚▽゚)ノ

 

まぁ、のたうちまわっても仕方ないので、描いて自分なりに上達するしかないんですけどね。この「自分なりに」というのが大切ですね。友達とか、浪人生を「受験のライバル」と思わないのが大事です。

 

だって、相手をいくら敵視したって、上達しません。悩むだけ時間の無駄です。悩むなら1枚でも多く絵を描いたり、学科の勉強をした方がいいです。人間一番難しいのは「自分に負けない」ことだと思います。まぁそれは受験生に限らず、すべての人に(自分も含めて)言えることですけど。

 

話戻って、デッサンですよ!!


どうですか?伸び悩んでいますか?もっと上手くなりたいですか??


私が伸び悩んでいた時に、あるデッサンの本に出会い「わぁ===もっと早く知っとけば良かった;;」という本を紹介したいと思います。

こちらの本です。


2冊ありますけど、デッサン数ヶ月やった人でも、基本の基礎編から買ってもいいと思います。
私なんてデッサン始めて1年半経った頃買いまたし…

描き方の「ワザ」が載ってます。

「スーパー鉛筆デッサン」できるできた 基本のワザ徹底ガイド より

◎第1章 透明を描く基本のワザ

◎第2章 石膏像を描く基本のワザ
◎第3章 手と人物を描く基本のワザ
◎第4章 静物を描く基本のワザ

…などです。
予備校の先生って、あまりテクニック/技を教えたがらないんですよね。

 

テクニックってテクニックでしかないから、それを頭で覚えても描けないのがほとんど。だからデッサン始めたばかりの子に「テクニック」を教えるのは、あまり効果的じゃない。

 

だけど、もう半年や1年デッサン描いてきてイマイチ上手くならないければ、テクニックを知るのもいいと思います。多少デッサンの土台ができてるので、描き方を知れば「身体と頭」で絵が描けるようになるというか。

 

これはデッサンに限らず、物事上達するには、何回もやって失敗して、失敗の原因を探って、調べて知識を得て、またやってみる。の繰り返しですよね。経験と知識の積み重ね。それで伸びるんだと思います。

 

早めに志望学科決めておいた方がいいというのは、例えば、多摩美グラフィックデザイン科志望なら、課題の「手」のデッサンの練習をしまくるのです。

 

そうすれば、「手」を描く経験値が上がりますよね。
1枚目に描いた「手」と20枚目に描いた「手」は明らかに違いますよ。

 - アート&カルチャー, 美大 ,