江戸とアート発信ブログ

*

助けても何のメリットも無い!あなたならどうする?「悪名」を観たよ

   

本日紹介する映画は1961年「悪名」です!

勝新太郎さん主演映画です。この「悪名」と言う映画はたくさんシリーズ化されていて、16作品もあるそうです!本日ご紹介するのは第1作目です。

 

なんか、これ、、最初の方は暴れん坊の勝新太郎が、ヤクザな人たちと関わって暴れて終わり?かと思ったら、仲良くなった娼妓・琴糸を助ける物語です。
しかも、この琴糸のことを命を賭けるほど大好きかって言うと、勝新には妻がいるので、そうでもなさそうで、、、なのに、自分が琴糸の代わりにボコボコにされてると言う。。。

 

なんでしょ。。。。観終わってから、

 

琴糸を助けたからって、勝新にはなんのメリットも無いし、ボコボコにされるだけ。それをわかってて、身体張って彼女を助ける。。。しかも勝新は最後、暴力に勝つ…!暴力道具(ステッキ)すら最後は壊して海に捨てる。勝新の絶対的な勝利。お金に為でも、仲間の為でもない。何も無いなかで暴力に打ち勝ち、助けをするってできるだろか…?


と、考えてしまいました。これ書いてて思い出したのは、
「What Would You Do?(あなたならどうする?)」というアメリカのTV番組です。これはドッキリカメラで、例えば暴力や差別偏見、お金が無くて困っている人などに遭遇した時(←これは番組側で仕掛ける)人はどういう態度をとるかカメラがとらえている番組です。

 

このTV番組、本当に人間性が問われる恐ろしいドッキリカメラです。。動画サイトで観た時、本当に汗ダラダラでした。。良かったら観て観てください。
あなたの明日からの行動が変わるかもしれません。「あなたならどうする?」

 


↑このセリフに朝吉(勝新太郎)の心意気を感じる。。。
この損得勘定の世の中に、誰がここまで出来るだろうか?

 - アート&カルチャー ,